-

自動車を運転している時、「車を持ったままで即日融資可能」といった掲示板や張り紙が目に付くことも多いかもしれません。

このような広告は、車担保融資の広告群であることが多いでしょう。

車担保融資と言われている言葉は、知っていたとしても、実際、どういった融資の仕方なのかそれほど知らない人も少なからずいると思います。

車担保融資とは、それだけメジャーでないローン方法ともいえるはずです。

車担保融資では、車を担保にすることで、クルマの現時点の査定額を出し、その額の査定枠の中でキャッシングを原則として行っているようです。

一般の自動車買い取り専門店での査定と同じく、キズがある車や事故車である場合は、査定評価が安くなることがあるようですので、車を担保としてお金を融資を受ける時には覚えているといいと言えます。

車担保融資は、「車」という手で触れるものを抑える方法ですので、貸金業者などでローンが受けられない人でも直ぐに査定上限内でのローンキャッシングを行えるようです。

また、銀行や消費者金融でのローンには多様な手順や厳しい審査などがありますが、愛車という実質資産を利用し、行うローンですから、そうしたものが要らないということもあるようです。

つい最近では、愛車を担保としてキャッシングを受けても、その車を以前同様保持して運転することが出来る車を使った担保融資も増えてきているようです。

但し、この方法のデメリットとしては、自動車の評価額に融資の限度額も影響するので、乗っている自家用車によって、本人が期待する上限額のキャッシングを受けられないということもあるはずです。

自動車を返済ができなくなった際の保障にしますから、万が一支払いが出来ない場合は、直ちにクルマを引き渡さなければならないというのも、欠点です。

自動車が生活する上の必需品である世帯では、自動車を、担保とするローンキャッシングのやり方は、相当危険性があるといえるかもしれません。

Category

リンク