-

為替の介入という言葉を聞いた事がありますか?日銀が外国為替市場介入(為替介入)をして新聞、雑誌、テレビ番組、ヤフーなどの報道で見られたみなさんもいると思います。日本 時差

そもそも為替介入(外国為替平衡操作)というのは我が国の場合、・大臣(財務大臣)為替のレートの安定性を実現させるために施行する手法ということで使われています。クリアネオパール

わかりやすく言えば、極度の円高・円安の際に財務大臣の指示により中央銀行である日銀が円の売り買いをして為替の相場の安定化を狙う、ことを言います。マカエンペラー

外国為替平衡操作(為替介入)は方法があるのです。レモンもつ鍋

1.単独介入・・・行政機関または中央銀行(日本銀行)が、東京での市場の中で積極的に市場に参加し為替の介入を行なう。

2.協調介入・・・複数の通貨当局が協議し各々の通貨当局の持ち金を使って同じタイミングまたは続けて為替介入(外国為替平衡操作)を実施する。

3.委託介入・・・海外の銀行などへの外国為替市場介入(為替介入)を託す。

4.逆委託介入・・・日銀が国外の銀行などに成り代わって為替の介入を実施する。

こんな方法です。

どのやり方の介入も一時、もしくは当面為替の市場に多大な効果を与えるでしょう。

為替介入の額は当然のことですが誇りをかけて行なうだけにスケールが違うのです。

円を基本にして考えると、通常は数銭ごとに変化する相場が不意にかなり動きをします。

個人の投資家の人であれば過去に体験していると思いますが、それまでうまく利益(もしくは含み損)が増えていた持ち高を持っていたところで、その保有高が決済しましたとの報告がFXの業者からEメールが・・・いくら黒字になったのか(損益が出たのかな)?と考えながら決済後の報告を確認したら、自分の中で推測していた事とは正反対の事で目を丸くしたとの例がありました。

外国為替平衡操作(為替介入)が行なわれた際に多く聞いた話です。

こういったことから為替介入を実施すると、為替市場の動きと逆の変動をするのです。

まして変動する金の大きさはものすごく大きく大きく動きますので注意が必要なのです。

Category

リンク