-

前置きとして、一般の人が破産を申し立てるまでの間は債務のある個人に直接の電話を使用しての返済請求と、負債のある住居への訪問での徴集は違法というわけではないということになっています。さらに、自己破産の作業に入ってから実行までに余計な時間がかかってしまったケースでは債権保有人はなりふりかまわぬ集金をやってくる危険が上昇します。債権保有人側からすると債権の払込もすることなく、破産などの正式なプロセスもしないという状況であれば団体内で完結処理をすることができなくなります。そして、債権者の一部は専門の人間に助力を求めていないと知ったならけっこう強引な返済請求行為に出る業者も存在します。司法書士の方または弁護士の人に依頼した場合には、個々の債権人は負債者に対する直接徴集をすることができなくなるのです。相談を受けた司法書士もしくは弁護士の担当者は案件を担うという内容の手紙をそれぞれの債権者に送付することになり各取り立て企業がその手紙を受け取ったときから返済者は取立人による過激な集金から放たれることとなります。取り立て企業が勤務地や本籍地へ訪問する集金はガイドラインによって禁止されています。登録されている会社ならば勤め先や実家へ訪れる取り立てが法に反するのを認知しているので、その旨を言えばそういう類の取り立てを続行することはないと言っていいでしょう。自己破産に関する申し立て後は本人に向けた返済請求を含めて、返済請求行為は認められなくなりますから、取立人からの返済請求行動がきれいさっぱり消えることでしょう。とはいえ、ときにはそれを分かっていて訪問してくる債権者もゼロとは言い切れません。事業として登録が確認できる企業であれば自己破産に関する申請後の徴集行為が法のガイドルールに抵触しているのを気づいているので、違法だと伝えてしまえば、そういった取り立てを維持することはないと考えます。しかし違法金融という通称の取り立て屋においては予測外で、強行な取り立てによる被害者が無くならないのが現実です。法外金融が取り立て企業の中にいるかもしれない際にはどんな場合であれ弁護士の方や司法書士事務所などの法律家に助力を求めるのがいいと考えます。

Category

リンク