-

外為初めての方が相場の肝心なところを理解するにはまず初めにトレードを積み重ねていく事が大事です。未然に危機を嗅ぎとるようにするようになるには、負けを積み上げることも経験のひとつ。失敗するといっても、やり直しが効かないほど決定的な損をする事は話になりません。やり直せるぐらいのケアレスミスを何度か経験することが最終的に自らの場数を増やす事が出来ます。れを考えると、まずは少額で売買を行い、何回かちょっとしたミスをすることが大切です。仮に、100万円しか投資資金がない方が、はじめから100万円を全額投資して注文すると負けた時その後再起できなくなってしまう危険性があります。それならば、たとえば10%ずつ分割して注文して、そこで売ったり買ったりを経験した方が、次第にミスを減らす手法なども身についていくはずです。最初は少額資金でエントリーする事のメリットは、先に書いたように自分自身の経験を増やし間違いを避ける術を身に付けていく事にありますが、それと同時に、トレードの回数を重ねる事で危険性を少なくできるという良い点もあります。一例として、1回だけの取引で儲けられる確率が二分の一だと考えます。すなわち、同じ確率で損失を生む危険性もあります。勝率50%ということは二分の一の確率で利益が上げられる事を意味している。ですが、全部の資金を注ぎ込んでただ1回のトレードをするということははっきりとした勝ちか、負けのいずれかになってしまう。これではただのギャンブルと同じです。つまり、全ての財産を投資して1度しか勝負しないと、その分だけ損する割合が高まります。だからこそ、投資資金を全額賭けるのではなく何回もに分けてチャンスを多くすることがリスクコントロールとなります。同時に数回に分けたとしても、全部にプラスにする事は大切ではありません。正しく言うと、勝てないのが本当のところです。トレードで不可欠なのは、勝つ回数ではなく、どれだけ儲けるかである。勝率が50%でも、また勝率5割以下でも儲かる時は儲かる。負ける確率が高くても損失がわずかならば少ない勝利のプラスで十分利益を上げられます。そのために不可欠な事は、損失を少なく、利益を大きくを心がけることです。損失が出たら直ちに損切りして、逆に利益を上げられる時には可能な限り大きく稼ぐ事が、FX取引ビギナーがFX取引で成功する手段です。

Category

リンク