-

加盟店舗でいずれものクレカが使用可能なわけではない▼クレカの加盟店舗は大抵二、三以上のクレカのブランドに入っていますが残念なことにみなの加盟店で一切の会社の所有カードが使用可能なのではありません。旧態然としたお店の際にはJCBの付いているそのクレカしか決済不可なときもあるし今日の商店の場合だとビザやマスターといった名前の書いたやつのみしか切れない場合もあります。ダイナースクラブカードみたいなカードの場合さらに使えないお店が多いでしょう。何のロゴの所有カードが使えるかをいかにして判断したらいいんだろう?「それじゃいかにして何の所有カードが切れるかを見たら良いか?」という質問だけど、きちんとしたことをチェックするとしたら商店の店員に尋ねてみる以外にはないていうのが実のところその答えです。とはいってもおおよその店舗やショッピングモールには店舗のエントランスのところに使えるカード会社のサインが書かれた認証ステッカーがあるため、「そうか、この店舗ではMasterCardが使用できるのだな」ということが分かりやすいようにされてるから確認していただきたい。というものの、しっかり管理が出来ていないショップで決済する場合には、ロゴシールが掲示されている状況でも「今は何々クレジットカードは使えません」なんて回答をされる場合もあるわけで頭が真っ白になってしまうこともなくもないです。可能な限り十分な数の加盟店で使えるようにする目的で異なる種類のグループ(欧米圏の印)がプリントされている一般的なMasterCard、JCB、ダイナースカード、というようなカードを2、3枚使えるようにしておくようにするようお勧めします。(例:ニコスカードを携帯しているならダイナースカード契約のクレカを財布に入れておくなど)。特に国内では、VISA、マスターカード、JCBの3つのブランドが入ったクレカを日ごろから使っていれば、間違いなくほとんどの加入店で3枚のうちどれかのカードを切るようスタンバイOKということになります。カードを使いこなしてキャッシュレス生活を目指すならば確実に上記のクレジットカードを作っておいて損はないでしょう。

Category

リンク